男性型の薄毛であるAGAとは

###Site Name###

髪の毛の問題、特に薄毛はデリケートな部分でもあり人に相談しにくい悩みの一つです。
一説には日本人男性の三人に一人は、何らかの薄毛の症状に悩んでいるといわれます。



また、デスクワークなどが多く、運動不足になりがちな血行不良になりやすい仕事、昔に比べ動物性の油を多く含む食事、不規則な生活習慣、さまざまなストレスなど、現代社会には髪の毛にはよくない状況が揃っているともいえます。



ところで、女性には見られない男性特有の薄毛症状をAGAといいます。AGAは男性ホルモンの乱れで生じることが分かっており、よって男性型薄毛症と呼ばれます。

AGAのやっかいなところは、ホルモンの乱れが一番の原因のため、生活習慣を変えてできる限りの健康な生活をしても。

薄毛は改善することがないことと、放っておくと進行することです。
自己診断の目安として、額の両側がM字型に上部へ後退する、頭頂部がO字型に薄くなるなどの症状が見られます。
ホルモンの乱れによって、髪の毛の成長サイクルが異常を来たし、本来なら太く長く成長するはずの成長期の毛が細く短いままで抜け落ちてしまうことが原因で、細く短い毛が増えることによって全体的に薄毛になる症状です。
生活習慣の改善では治りにくいのですが、現在では医療機関でAGAの治療を行う事ができます。

標榜する医療科目は内科であったり皮膚科であったりといろいろですが、専用のホームページなどで治療できる医療機関を検索できます。



現時点では保険適用外ですが、内服薬を処方されます。